休日・夜間診療 ☎ 03-3208-2223 / 予約専用番号 ☎ 03-3205-2111

事業案内交通案内

医療機関を探す夜間・休日・急病診療健検診のご案内各種お知らせ
医師会について 健検診医療機関一覧 日曜健診医療機関一覧医師会健康センター

サイト内検索

下記の検索窓にキーワードを入力すると、新宿区医師会のサイト内検索が可能です。

powered by Google
新宿区医師会会員
会員専用ページ
※上記QRコードを読み取ると携帯電話やスマートフォン専用サイトを閲覧することが出来ます。

災害医療

大規模災害時の医療救護体制

首都直下地震などの大災害が発生したとき、新宿区内には、医療救護活動の中心となり主に重傷者の収容・治療を行う災害拠点病院が6病院、主に中等症者や容体の安定した重傷者の収容・治療を行う災害拠点連携病院(救急告示医療機関)が6病院指定されています。また、主に軽傷者に対応する医療救護所が区内10か所に設置されることになっています。災害時にはこれらの病院と医療救護所が協力して救護活動を行います。

新宿区災害時医療救護施設マップ
※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

大規模な災害では同時に多数の傷病者が発生し、被害の程度と広がりによっては病院の対応能力をはるかに上回る数の傷病者が集中することが予想されます。この場合、より緊急性の高い傷病者から順に治療を行うためにトリアージが行われます。各病院は入り口付近にトリアージを行う場所を設け、その結果に従って重症・中等症者を収容・治療します。また、病院近くに設置された医療救護所でも必要に応じトリアージを行い軽症以外の傷病者は順次病院へ搬送されます。(トリアージについてのより詳しい説明はこちら

大規模災害が起こったら

首都直下地震では区内の広い範囲で電気・ガス・水道などのライフラインが寸断され、多くの医療機関では日常の医療機能が麻痺することが予想されます。災害拠点病院および災害拠点連携病院では入院・外来患者の安全をはかり、各々の被害状況を把握したうえで傷病者への対応を開始します。また、ライフラインが途絶えた場合、多くの診療所では診療を継続することは難しいと考えられます。区内で震度6以上の地震が起きた際、診療所に所属する新宿区医師会員の医師は新宿区が開設する医療救護所に出動して医療救護活動を行うことを取り決めています。

災害拠点病院とは   災害拠点連携病院とは

災害時に医療の中心となる病院。耐震耐火構造の建物であること、多数の傷病者を受け入れるスペースがあること、自家発電機の保有と燃料の確保、資器材の備蓄、診療に必要な水の確保などの条件があり東京都が指定します。おもに重傷者の収容や治療を行います。

 

災害拠点病院と連携して医療救護活動を行う病院。主に中等症者や容体の安定した重傷者の収容・治療を行います。東京都が指定します。

医療救護所とは

大規模災害時、新宿区内に10か所設置されます。発災後72時間位までは災害拠点病院等と連携し軽傷患者を中心に診療します。診療所の医師会員が待機して救護活動に当たります。

区民ならび区内へ通勤、通学される皆様へのお願い

大規模災害時、何よりも怪我をしないことが大切です。そのために日頃より建物の耐震補強や家具の転倒防止、備品・什器の固定、出火の防止、避難経路の確認など"備災"に努めるようお願い致します。

病院には多くの傷病者が新宿区の内外から集中します。一人でも多くの方の命を救うためトリアージが行われることをご理解下さい。(トリアージについて

トリアージで軽症と判断された方は近隣の医療救護所へ向かうよう指示される可能性があります。意識があり自分で歩ける方は病院へ向かわず、直接最寄りの医療救護所へおいで下さい。(病院と医療救護所の場所

慢性病治療のため内服している薬や、内服薬の内容が書かれた「お薬手帳」は持ち出せるように準備しておきましょう。 在宅医療を受けている方は個々の病状によって災害時に必要な対応が異なります。担当医師や行政機関等にあらかじめ確認しておきましょう。

トリアージとは

災害時には短時間のうちに多数の負傷者が発生します。災害時の医療では、数の限られた医療スタッフ、薬品、医療資材で負傷者全体に対して最大の効果をもたらすことが目標となります。そのために重要なことは、助けられる傷病者に迅速・適切な医療を提供し救命することです。トリアージとは緊急性と重症度から治療優先度の高い負傷者を選び出す作業です。

トリアージタッグ

トリアージの結果や患者情報を、他の救助者や関係機関に伝える手段としてトリアージタッグが使用されます。

トリアージタッグ
【トリアージタッグ】

トリアージタッグに記入する内容は、負傷者の身元やケガの状態などの重要な情報を含み、大規模災害時に被災地内の医療機関や医療救護所では簡易診療録として利用する場合もあります。

トリアージカテゴリー

トリアージは、多数の傷病者を緊急度や重症度に応じて4つのカテゴリー(トリアージタッグでは:I、:II、:III、:0)に分類します。

【トリアージカテゴリー】

分類 順位 トリアージタッグ 症状の状態等
最優先治療群
(重症群)
第1 赤(I) 生命を救うため、直ちに処置を必要とするもの。
窒息、多量の出血、ショックの危険のあるもの。
待機的治療群
(中等症群)
第2 黄(II)
多少治療の時間が遅れても、生命に危険がないもの。
基本的には、バイタルサインが安定しているもの。
保留群
(軽症群)
第3 緑(III) 上記以外の軽易な傷病で、ほとんど専門医の治療を必要としないもの。
死亡群 第4 黒(0) 既に死亡しているもの、又は明らかに即死状態であり、心肺蘇生を施しても蘇生可能性のないもの。